2006-04-04

俺的カツレツまとめ

落ち着いて考えれば、A木さんのおっしゃるとおりですよね。

ちょっと混乱したのでまとめ。

  • 「カツレツ」とは明治時代に銀座・煉瓦亭が、西洋料理・仔牛のコートレット(cutelette:仏語、英語ではcutlet(カットレット))を日本人向けにアレンジしたもの。
  • コートレットという料理は、肉(骨付き背肉)をチーズの衣をつけて焼いたもの。(多分)
  • 「カツレツ」は肉に豚を使い、小麦粉・玉子・パン粉の衣をつけて油で揚げたもの。
  • 「パン粉」は日本発案。(当時西洋料理にはなかった)
  • 「とんかつ」という名前をはじめて使ったのは、新宿・王ろじ 追記参照
  • 「洋食」とは西洋料理を日本人向けにアレンジしたもの、または西洋料理の技法を取り入れたもの。カツレツやハヤシライスは洋食。

参考文献: http://www.fb-service.co.jp/watasi/rengaok/renga.htm

こんな感じ? 違ってたら教えてください。

(14:21ツッコミ受けて追記)

「とんかつ」という名称の起源については諸説あり。

  • 新宿・王ろじ説

    大正10年、神楽坂に「双軒」として開業。昭和15年頃、「とんかつ」の看板を上げた写真記録がアリ。開業当初から「とんかつ」の名前を使っていたかどうかは不明。

  • 上野・ぽん多本家説

    御徒町のぽんち軒のコック・島田信二郎氏(後の「ぽん多本家」創業者)が厚切りカツレツを考案。ぽんち軒がこれを「とんかつ」の名称で呼んだ。

    島田信二郎氏本人は「とんかつ」と呼ばれることを嫌っており、現在のぽん多本家のメニューでは「カツレツ」となっている。

ほかに、上野の料理屋「楽天」説もある。

参考文献: 東京のとんかつ屋さん > とんかつの歴史を考える

Tags:

今日の晩飯

揚げ出し豆腐。

まぁ、片栗粉つけて揚げて天つゆかけただけだが。薬味におろししょうが・万能ねぎ・きざみのり。

揚げ出し豆腐
Tags:

LinuxでWUXGA via DVI (2)

GeForce 6200Aに差し替えたら、ファミコンカセット斜め挿しした時のようなノイズが…相性問題か、はたまたしばらく放置してあったのでぶっこわれたか。

ヤケになって他のPCに挿さってたRadeon 9250すっこぬいてさしてみた。radeonドライバでアッサリWUXGA via DVIが動いた。ひょうしぬけ。

Tags: Linux

Google Romance

Googleの出会い系サイト?

Tags: Google
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
A木 (2006-04-04 14:05)

これは大変に奥が深い問題だ。銀座・煉瓦亭については異を唱えるものは居ないと思うが、「とんかつ」については名づけ親は上野「元祖とんかつぽん多」という説も有力だ。しかし、大正という点がマジであれば「新宿・王ろじ」のほうが古いことになる。が、この件に関して、ちょっと気合の入ったとんかつ屋で口に出そうものならてーへんなことになるので要注意だ。


«前の日記(2006-04-03) 最新 次の日記(2006-04-05)»

2006年
4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30