2007-08-20

project.vimの使い方

もはや、vimいじりぐらいしか日々の楽しみがない件。

というわけで、今日はproject.vim。VimをIDEっぽく仕立ててくれるプラグイン。

起動。

:Project {file}

fileはプロジェクトファイル名。省略時は~/.vimprojectsが使われる。左側に空のバッファが現れる。

まず、プロジェクトの名前と場所を決めてやる。左のバッファに自分で書く。

My Project=~/src/myproject {
 README
}

なにもないと寂しいので、READMEと書いておく。カーソルをREADMEにあわせてEnterすると、右のバッファに~/src/myproject/READMEが開く。

実は既にこのディレクトリは以下の構成になってたとする。

- README
+ src/
  - Makefile
  - hello.c

.vimprojectsファイルを以下のように修正。

My Project=~/src/myproject {
 README
 src=src {
 }
}

追加した行にカーソルをあわせ、\rと打鍵。

My Project=~/src/myproject {
 README
 src=src {
  Makefile
  hello.c
 }
}

勝手に追加される。エントリにあわせてEnterすると折りたたみしてくれる。:makeでmakeしてみる。

make: *** No targets specified and no makefile found.  Stop.

Makefileが見つからない。実はカレントディレクトリが変わっていないから。ファイルを開いた時にcdするには以下のように書く。

My Project=~/src/myproject CD=. {
 README
 src=src CD=. {
  Makefile
  hello.c
 }
}

こんどはmakeできた。make後に\rすると、プロジェクトファイルに.oとかプログラムまで入っちゃう。いらないものを除外するのにfilterオプションが使える。

My Project=~/src/myproject CD=. {
 README
 src=src CD=. filter="Makefile *.c *.h" {
  Makefile
  hello.c
 }
}

これで指定したファイル以外は入らない。

ここまでの作業、実は.vimprojectsバッファで\cすればインタラクティブに作成可能。...ということを今知った。

プロジェクトに対するgrep機能もある。ブラウザ上で\g(単一ディレクトリ)もしくは\G(ディレクトリ再帰)。

基本的にはそんなとこ。

はじめてのvi&Vim (エッセンシャルソフトウェアガイドブック)
小島 範幸 北浦 訓行
技術評論社
売り上げランキング: 44592
ViIMproved‐Vim完全バイブル
Steve Oualline 高橋 則利
技術評論社
売り上げランキング: 252220
入門vi 第6版
入門vi 第6版
posted with amazlet at 09.03.23
リンダ ラム アーノルド ロビンス
オライリー・ジャパン
売り上げランキング: 27827
viデスクトップリファレンス (UNIX text processing)
アーノルド ロビンス
オライリー・ジャパン
売り上げランキング: 120792
Tags: Vim
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
TrackBack (2009-05-23 11:03)

http://d.hatena.ne.jp/yuki_rinrin/20090523/1243043394<br>ソースコード備忘録<br>[ソフト][vim][Linux]project.vim<br> vimをIDEっぽくできるプラグインと聞いて入れてみました ここを参考にしてやってみました↓ project.vim を使ってみる - Hidde’s Tips HOSHINA’s Diary.NET - project.vimの使い方 project.vimとは 左側のカラムにツリー上にディレクトリ内のファイルリストを作ってくれて

akiradeveloper (2010-10-04 09:33)

参考になりました. ありがとぅーす


«前の日記(2007-08-19) 最新 次の日記(2007-08-21)»

2007年
8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31